ギャラリー16トップ

ギャラリー16トップ
Exhibitions

上田 良 個展 A Magpie’s Nest

Yaya UEDA A Magpie's Nest

2018年5月1日(火)〜5月12日(土) 
12:00〜19:00(日曜・最終日〜18:00/月曜・休)

▶KG+2018 Exhibition
http://www.kyotographie.jp/kgplus/

  

私がオブジェと呼ぶ立体物の多くは、拾ってきた廃材や、ガラクタ、または市販されているものである。異なった物体を(常に置き換える事のできる可能性を残し)組み合わせるようにして制作する。その多くは自重を支えることができない、脆い状態のものばかりである。そのようなオブジェの存在を留めるため、撮影し、写真によって固定する。私にとって写真は、いわば“強力な接着剤”である。カメラによる“ひとつの視点”から眺めるオブジェ群は、恒久的に形を留めること、空間を含んだ作品の構成や配置、複数の視点から鑑賞されることといった彫刻作品における様々なルールに縛られない。本展では、オブジェを様々に組み合わせた“一時的な情景の彫刻”を撮影した写真作品を通して、オブジェの形状や色彩、その物質がもたらすディティールを捕らえることを試みる。
上田 良

I fasten objects which I collected and made by taking pictures of them that are fragile and not self-supporting. The photograph is as were “strong adhesive” for me. The group of objects seen through the “one viewpoint” of the camera do not obey by the rules of sculpture, for example it is permanently formed as a work, independent, has a relationship with the space, can be seen from various angles. In this exhibition, I attempt to capture the details of the shape and color of the object through photographic works that shoot the “sculpture of a transitory scene” combining various objects.
Yaya Ueda